アラサー派遣女の聖書読破なるか日記

とくにキリスト教信者ではないアラサー派遣OLです。たくさん読めたら誰かほめてくれ。

Day 146: ごちゃごちゃ人間模様をページ内検索で解決

2017.3.7 146日めです。

 

サムエル記は下巻へ。

えーとサウルが死んで、(自らやりの上に覆いかぶさるというかっこいいやつ)

でも、それだけでは戦争は終わらず、残された者たちの雪辱戦へ。

 

故サウル軍

リーダー:ネルの子アブネル、

サウルの子イシボセテ

 (二年間王となるが民衆がダビデに従い失敗。親から受け継いだのだから王位は順当といえば順当。)

 

ダビデ

ゼルヤ三兄弟:ヨアブ、アビシャイ、アサヘル

 

それぞれの思惑が入り乱れ、戦国活劇の様相です。

こういうので困るのが「名前が覚えられない」というなんとも情けない性質。

 

いや、私の脳みそがポンコツなだけなのですが、三国志とかも登場人物が多すぎてまったくついていけないんですよね。

そんな私の聖書の読み方はこれです。

聖書内で名前を検索。

 

ページ内検索窓を control +F で呼び出し。

あ・ぶ・ね・る と打ち込んで。ターン!

f:id:mtusknktdk:20170307101330p:plain

サムエル記下2章には17箇所「アブネル」と書いてあるんですね。

これをやると、パソコン側で自動的に「アブネル」に色をつけて表示してくれます。

f:id:mtusknktdk:20170307101340p:plain

 

なるほどアブネルはダビデの敵、故サウル側の人間。ということを確認しながら読み進められます。

この後半、アブネルとおいかけっこしてるアサヘルってだれだっけ?

こういうときも検索。タターン!

 

f:id:mtusknktdk:20170307101314p:plain

 

ゼルヤの子。なるほど。そういえばゼルヤの子っていうのはダビデ側の人たちだったな。

 

なるほど。これはダビデ軍vs故サウル軍の両精鋭が接触して緊迫した場面なんだなー。とやっと理解できるわけです。お粗末な脳みそですね。

 

クリスチャンホームの人はきっと、子供の頃から「桃太郎」「かぐやひめ」「ダビデ王」「一寸法師」「アブラハム」の勢いでそれぞれの名前とエピソードを物語として口伝され、素養ができてるんだと思うのですが、私はそういうのさっぱりなので、いちいちこうやって名前で検索して、その人物の履歴を確認しながらよんでいます。

 

f:id:mtusknktdk:20170307095946p:plain

f:id:mtusknktdk:20170307095954p:plain