アラサー派遣女の聖書読破なるか日記

とくにキリスト教信者ではないアラサー派遣OLです。たくさん読めたら誰かほめてくれ。

Day:195 ソロモン≠ダイヤ ソロモン=知恵

2017.4.26 195日めです。

箴言、ローマの信徒への手紙読み終わりました。

 

"マッサの人ヤケの子アグルの言葉。その人はイテエルに向かって言った、すなわちイテエルと、ウカルとに向かって言った、"

箴言 30:1

 

"マッサの王レムエルの言葉、すなわちその母が彼に教えたものである。"

箴言 31:1

 

あれ?箴言ってソロモンの残した格言だけじゃないんですね。

 

"ダビデの子、イスラエルの王ソロモンの箴言。"

箴言 1:1

 

この宣言とともに始まるので、てっきり全てソロモンのいい話集なんだと思ってました。

ちょっと調べたのですが(wikipediaでごめんなさい)

これは、律法に関する五書がモーセの名で呼ばれているように、知恵文学(箴言、コヘレトの言葉、雅歌)はソロモンの名で呼ばれるからである。

箴言 - Wikipedia

ということらしいですね。

 

旧約聖書には、律法一番のモーセと知恵一番のソロモンの二大巨頭が居て、知恵の範囲に置いては、ソロモンと称される。ということなんですね。

 

聖書を読むまで、ソロモンという名前のイメージは、大きなダイヤの指輪だったんですよね。なんででしょう。ダイヤも指輪も出てきてないですよね。

今まで読んだ範囲だと、たしかにソロモンの時代は繁栄を極めた豊かな時代のような印象をうけます。大規模な宮殿建設があったり。でも、箴言を読む限り、ソロモン自身が贅沢をしていた感じは受けませんよね。

f:id:mtusknktdk:20170426095311p:plain

f:id:mtusknktdk:20170426095315p:plain