アラサー派遣女の聖書読破なるか日記

とくにキリスト教信者ではないアラサー派遣OLです。たくさん読めたら誰かほめてくれ。

Day198 何度も読みたい伝道の書

2017.4.28 198日目です。

 

伝道の書。壁に貼っておきたいくらいですよ。

非常に魅力的です。

 

"人の語るすべての事に心をとめてはならない。これはあなたが、自分のしもべのあなたをのろう言葉を聞かないためである。"

伝道の書 7:21

"あなたもまた、しばしば他人をのろったのを自分の心に知っているからである。"

伝道の書 7:22

これは、SNS社会の今でも通用する話ですね。

 

"物事の理は遠く、また、はなはだ深い。だれがこれを見いだすことができよう。 わたしは、心を転じて、物を知り、事を探り、知恵と道理を求めようとし、また悪の愚かなこと、愚痴の狂気であることを知ろうとした。 わたしは、その心が、わなと網のような女、その手が、かせのような女は、死よりも苦い者であることを見いだした。神を喜ばす者は彼女からのがれる。しかし罪びとは彼女に捕えられる。"

伝道の書 7:24-26

 

ちょっと話がそれますが、悪=悪女という図式は、筆者が男だからですよね。

刺激的な女性の事を考えると、勉学が手につかなくなるからでしょ。

 

その心が、わなと網のような女、その手が、かせのような女」っていうのはどういう人でしょうね。

旦那さんをコントロールしようと監視している奥さんっていうことかな。

旦那が外で飲んでくるのとか、勝手に趣味のもの買ってくるのとか、休日に昼寝しているのを激しくバッシングするタイプの奥様かな。

お小遣い制もそうかもしれない。

 

これを読んでると、つくづく人の悩みは人間関係に尽きる。と思います。

 

f:id:mtusknktdk:20170428095143p:plain

f:id:mtusknktdk:20170428095147p:plain