アラサー派遣女の聖書読破なるか日記

とくにキリスト教信者ではないアラサー派遣OLです。たくさん読めたら誰かほめてくれ。

day90:進捗

2016.1.10 何日めだったっけ?(追記:90日目でした)

 

民数記を読み終わりました。

大活躍のモーセも、ついに神様から寿命を言い渡されてしまいました。

最後に率いている民をまとめようと色々な決まりを伝えています。

 

そこで私が気になったのは「嗣業」というもの。

「しぎょう」と読むようですね。私は何故かずっと「かぎょう」と読んでいました。無意識のうちに、「稼業、家業」と意味をダブらせて読んでいたんだと思います。

 

お嫁さんは同じ部族から貰うことで、嗣業があっちこっちにならないよう工夫しているシーンがありました。

 

ということは、部族ごとに嗣業が分かれているということですよね。

とりあえずわかりやすいのはレビ人。

司祭の仕事をしていて、その決まりは民数記で詳しく書かれていました。

 

 

気になるのは、他の部族の職業。なりわい?

 

旧約聖書を頭から読んでいるアラサー(私)はここでひらめいたのだ。

これは、ヤコブの今際の際の預言と関係ある!手引きを使わず60年前の日本語訳を読んでいる信者でない派遣社員がここに思い当たるのはマジグッド着目点!

 

ヤッホーイ

 

と舞い上がっておりますが、

派遣なりに仕事が忙しくなってきたので、

これはいつか自分で調べるぞ。というメモを残したところで今日はおしまいにします。

 

f:id:mtusknktdk:20170112085153p:plain

f:id:mtusknktdk:20170112085209p:plain