アラサー派遣女の聖書読破なるか日記

とくにキリスト教信者ではないアラサー派遣OLです。たくさん読めたら誰かほめてくれ。

Day149:映画「ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~」

2017.3.10 149日めです。 

 

 アマゾンプライム会員になっているので、沢山の図書や映画を読み放題見放題という恩恵に預かっています。

 以前読んだ内村鑑三も、アマゾンプライムに載っていたものです。

 

 そのプライムで「ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~」という映画を見ました。その名の通りジェームス・ブラウンの一生を描いた映画です。

感動しました。感動のあまり今日はこの映画の話しかしません。

www.youtube.com

 特に前半、キリスト教への熱い信仰心が繰り返し語られるのですが、こういうシーンを見た時、あー聖書読んでてよかった役に立ったーって思いますね。そういうのを理解したくて聖書読み始めたので。

 

biblechallenge30.hatenadiary.jp

 

 動機が不純ですね。でも私なりに聖書は丁寧に扱おうとしてます。

 

 印象的な「宗教的」シーンがあったので幾つか書き残しておきます。

  

f:id:mtusknktdk:20170310092807p:plain20170310092823 20170310092825

201703100933342017031009352620170310093527

 

 

 ゴスペルをきっかけにして音楽の世界に入っていくJB。

 この白い服を来た信者のあつまる教会はちょっとカルトっぽいですよねー。

 音楽を鳴らし、司祭は叫び、信者はひたすら踊る。そうするとトランスして痙攣しだしたりする。おそらく、アフリカンの民族的宗教とまざりあったキリスト教信仰があったんだろうと勝手に思っています。

 司祭の爪がながーく伸びてるんだけど、そのへんもシャーマンを思わせるような降霊術の趣のある教会で興味深いです。

レゲエレコードコム | レゲエと黒人音楽の総合店ダブストア

 

 このHPで、バプテスト派宣教とアフリカ魔術信仰がまざりあってうんぬんと説明がされてますが、このへんの感じがします。

 

f:id:mtusknktdk:20170310095331j:plain

 

 これも、聖書を読んでいないと「何いってんの?守っていただかなくて結構だわ!」とこじらせた気持ちが爆発していたところでした。

3しかし、あなたがたに知っていてもらいたい。すべての男のかしらはキリストであり、女のかしらは男であり、キリストのかしらは神である。

(コリント人への手紙1 11章)

 

f:id:mtusknktdk:20170310100837j:plain

f:id:mtusknktdk:20170310100925j:plain

 はじめてリーゼントにしたときのセリフ。

ゴスペルシンガーらしくないと言われてJBはこの切り返し。

そして彼らのバンド名はJBの一存で「FAMOUS FLAMES」になります。

 この「炎」っていうのも、神様のパワーを表すキリスト教的なシンボルなんですよね。聖書読んでなかったら、なんか熱いソウルと若者の情熱的な意味で炎って言ってるのかと思ってただろうな。

 

2:1五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、 2:2突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起ってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。 2:3また、舌のようなものが、炎のように分れて現れ、ひとりびとりの上にとどまった。 2:4すると、一同は聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、いろいろの他国の言葉で語り出した。

(使徒行伝2章) 

 

 音楽の先輩であり、恩人でもあるボビー・バードを、その才能で難なく追い抜きあっという間に雇う側になるJB。少年院から引き上げ、ゴスペルという道を整えてJBに与えたボビー・バードとJBの関係は、ヨハネとキリストのようでもあり、聖書に何度も描かれる、一番末っ子が全ての長になっていく話のようにも見えます。

 一番からだが小さかったが、運動能力にも長け、音楽の才能にも恵まれていたという点ではダビデをイメージしてるのかもしれない。ダビデヨナタンか?

 

 最後の方に六芒星のついたアイテムが出てくるのですが、映画の登場人物でユダヤを自認しているのは一人だけ。そのシーンで、彼がどうなったのかが暗示され、私はそれを理解することもできました。

 

 たどたどしいながら、西洋文化にみる聖書の影響が理解できるようになってきた気がするのよ!

 しかし、ミュージシャンの自伝映画にも潜んでいる聖書。西洋文化それすなわち聖書。

 

 ライブシーンも沢山挿入され、またジェームス・ブラウンの右腕ボビーバードも非常に魅力的な人物に描かれており、とっても、とってもいい映画でした。